公認会計士試験

【近況報告】大原の会計士講座半年間勉強した大変さと感想まとめ【社会人学習】

こんにちは

 

夏休みが始まり電車の中も賑やかでいいですね!浴衣着てる人も多くて夏を感じてます笑

 

あぁ、祭りとか花火とか行きたい……笑

もう勉強まみれで時々ストレスで夜徘徊してしまう…意外と好きだけども笑

 

 

 

 

 

さてさて一月の半ばだったかな?から会計士の初学者コース(簿記初めて学ぶコース)に通い始めてはや半年とちょっと、

 

その時は簿記関連の資格何も持ってなくて、基礎から学ぶことにしました。

 

 

 

そこから半年間いろいろ感じたこととか大変なことを書いていきたいと思います。

 

 

それじゃあ大変だったことからまとめてこうかな

とにかく会社終わりに毎日講義三時間あるのが結構キツい

眠気との戦い

これは結構イメージしやすいと思うんだけど、疲れてる状態で毎日月曜から土曜まで18:20から21:25まで3時間講義(土曜は6時間)があるからどうしても眠気と疲れの戦いで集中が保ちづらかったな

娯楽から離れる

仕事終わりに少し本屋行きたいなとか友達とご飯とか温泉、会社の人と飲み会とか歓送迎会みたいのも時間的に全て行けないので、ストレス発散させづらい

会計用語が全く入ってこなくて問題読んでも英語読んでる気分になる

普段使わない言葉に順応しないといけない

これは最初結構辛かったんだけど、簿記の会計用語みたいのが沢山あるのね(例:減価償却、税効果、割引現在価値、デリバティブ、為替手形)これはまだ簡単な方なんだけど、後半になるにつれ問題見ても何書いてあるかよく分からなくなってくる…笑笑

単純に理解が難しい分野がある

用語以外にも連結のとことか、やり方は分かっても理解に苦しむこと多かったので、問題やパターン変わったら解けるのか怪しい。

計算系の答練やステップ答練などで点数が取れずに自信を落としやすい

自信つけたくて裏目に

答練が2週に一回は絶対あるんだけど、いい点取って安心したいから次の答練の対策に力注いでしまって、復習が曖昧になってしまう(本当なら答練でダメだったとこを完璧に解けるようにするのがベスト)

とにかく正確さが重要

100%確実なものだけ◯

財務会計と管理会計は正確に一つ一つ計算して最後の数字が確実に合わないと点数貰えないので、大変だったです(部分点なし)。数学みたいに曖昧に公式覚えてても、どっかしらから引っ張り出して回答すれば部分点貰える科目と違って、100%やり方や答えが決まっててその全パターン覚えるのが難しかった。

メンテナンスの手間が膨大

復習の時間が足りない

バケツに穴開いた状態で水を満タンにしておかなきゃいけないように、膨大な量の覚えたことを忘れないようにしていかなきゃいけない

計算科目は結果が出るまでに時間がかかるから勉強のやり方悩む

勉強法合ってるのかな?

これは結構自信のとことも繋がるんだけど、あまりにも点取れないとやり方合ってるのかな?って自信なくなって、勉強よりも勉強法とか熱心に探しちゃうから、ある程度固めて信じてやり続けたほうがいいかも

会計士税理士受験生にオススメの書籍

ちなみに迷信時期に何冊も探した結果、オススメの勉強本あるから載せておくね。内容は今度詳しく紹介するけど!

  1. 超高速勉強法
  2. フリーター、税理士になる
  3. 試験は暗記が9割
  4. アウトプット大全
  5. 勉強大全

スマホの誘惑

これが一番難しいかも

どうしても勉強が上手くいかないと現実逃避気味になって、スマホに頼ってしまうけどある程度時間制限して勉強やる時とスマホ使う時分けたほうがいいかも。よく勉強にスマホ使ってやったりするけど、通知とか何かしらのキッカケでSNS見ちゃって気付いたら1時間とかなっちゃうから、あんまりYouTubeとかで音楽聴きながらもオススメしないかな。

 

以上こんな感じかな

思ったより会計士試験は大変ですね。

あと4ヶ月ほどで短答式試験なので、受ける人は一緒に頑張ろ!

夏休みにステップ答練とⅠ〜Ⅲレクチャーは最低固めておこ!

 

それじゃあ今日はこんな感じで!

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。