経営学

ビジュアルで覚える敵対的買収用語集(仮) 【公認会計士試験対策シリーズ】

こんばんは!

本当に久しぶりです!!!2ヶ月ぶりぐらいかな

 

短答式試験ダメで更新するの控えてました…

 

今日はなぜ更新する気になったかというと

 

 

 

経営学が元々興味がある分野で、過去に読んだ本と重なってスルスル頭の中に入ってきたのが楽しくて楽しくて!笑

これ見た見た!みたいな

 

今まで会計士の勉強してて法律とか会計が身近じゃなさすぎて、全然頭に入らなかったからこの感覚久しぶりで!!!笑

 

 

書きたくなったので書いてみます

一応復習も兼ねて…笑笑

じゃあ早速!

今日のパワーワード!

株式の敵対的買収のところで、出てきたんだけど用語がいちいちカッコいいのね!

例えば

ポイズン・ピル

『ポイズン・ピルとは、敵対的買収者が一定割合の議決権を取得した場合、時価より安い価格で行使可能な新株予約権を、既存株主に対してあらかじめ渡しておくもの』

 

もうなんでしょうねこの厨二心くすぐられる言葉!

 

会社が買収されそうになって危なくなった時に発動させる秘薬みたいな笑笑

必殺技みたいでカッコいい

 

ゴールデンパラシュート

『ゴールデン・パラシュートとは、買収を仕掛けられた会社の経営陣が巨額の退職金をもらって経営権を引き渡すこと』

これはお金かなり出すので会社売ってくださいみたいな感じで、イメージと合ってて面白いよね笑

飛行機からお金もらって降りてくるみたいな

 

パックマン・ディフェンス

『パックマン・ディフェンスとは、買収を仕掛けてきた会社に対し、被買収企業が逆に買収を仕掛けること』

こんなんもう面白すぎだよね

容易に想像つくのが面白い笑

 

黄金株

『黄金株とは、株主総会での決議事項に対して拒否権が与えられている株式のことをいう。』

切り札みたいな感じだね!

 

ホワイト・ナイト

『ホワイト・ナイトとは、敵対的買収を仕掛けられた会社が、友好的に買収してくれる会社を見つけて、そこに買収してもらうことを指している』

これもイメージしやすいよね!

 

白馬の王子様みたいに助けに来てくれるみたいな

最近だとSMASHとかグラフギアで有名なpentelがKOKUYOに買収されそうになって消しゴムとかで有名なPLUSが助けてくれたからホワイトナイトか!みたいに身近なことで当てはめれるからどんどん知識入ってくる

 

こんな感じで一部だけど楽しかった笑

以外と書くの久しぶりで時間かかっちゃうな…

 

次はブログとの関係性

本当はこっちめっちゃ書きたいんだけど、多すぎちゃって

 

ブログと経営学ってなんの関係あんだよ!って思うかもだけど、応用できそうな知識たくさんあった!笑

 

 

テキストにブログだとこうだなとか色々メモしちゃってる…笑

 

ちょっと多いから一覧にしとくかな

  1. ファイブフォース
  2. アンゾフの成長ベクトル
  3. ドメイン戦略
  4. ドメインコンセンサス
  5. 多角化戦略
  6. プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
  7. 競争戦略
  8. スタック・イン・ザ・ミドル

もっともっといっぱい使えそうなのあるんだけど、書き切れないから一旦

 

 

てかだめだ

書くの間に合わない…笑笑

 

 

 

続きまた書きます!

すみません

0 0 vote
Article Rating
ABOUT ME
ヨシヒサ
ヨシヒサ
こんにちは。1994年生まれの長野県白馬村出身です。今は東京の会計事務所で働きながら、大原の公認会計士講座に通っています。「先義後利栄 好富施其徳」を座右の銘に、読者に役立つ記事を執筆していくので、宜しくお願いします。Amazonほしい物リスト
購読する
通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。x